【デマ流された女性】あおり運転の「ガラケー女」と投稿者の情報開示認められる

世を騒がせた「常磐道のあおり運転事件」をめぐり、「ガラケー女」とのデマを流された女性が投稿者の情報開示を求めた裁判で訴えが認められました。

判決によりますと、去年8月に茨城県の常磐道で起きたあおり運転事件では、被告の車に同乗していた交際相手の女の身元を探る動きが、ネット上で拡散。

原告女性はこの交際相手だとするデマを流されました。大阪地裁は、SNSに書き込まれた、「コッチはいろいろなエビデンスを考慮して黒っていってるんだよ」などとした投稿について、名誉の侵害は明らかだと認定。プロバイダーに対し、投稿者の氏名や住所などを女性に開示するよう命じました。原告の代理人弁護士は「事実を知らなかったとしても、人に関してマイナスの情報を拡散すれば、責任を問われることをわかってほしい」としています。

これで流れが誹謗中傷に対する突破になるか

>世間のニュースをお伝えしていきます

世間のニュースをお伝えしていきます

世の中はニュースにあふれています。大都市でなくたって、あなたの街にも、あなたにも、ニュースはあります。そんな日本国内のニュースをタイムリーに発信。 ネットや新聞で見つけた面白い記事、今すぐ知らせたい新鮮な情報、その土地ならではの出来事、みんなを笑顔にする話題など、世間の幅広いニュースをお伝えします。! ブロガー様、アフィリエイター様の投稿、大歓迎。あなたと共にニュースの震源地になっていく、日本一のニュースサイトをめざします。皆様、よろしくお願いします!

CTR IMG