ジャパンライフ元会長を逮捕 「オーナー商法」詐欺容疑

政権が変わった、このタイミングで・・・

家庭用磁気商品の「オーナー商法」で多額の現金を集めた「ジャパンライフ」(東京、破産手続き中)について、警視庁と愛知など5県警の合同捜査本部は18日、元会長の山口隆祥(たかよし)容疑者(78)=東京都文京区=ら14人を詐欺容疑で逮捕した。

債務超過の事実を隠して客を勧誘したという。同社の負債総額は約2405億円で、債権者は約7千人に上っており、捜査本部は手口などの実態解明を目指す。

捜査関係者によると、山口容疑者らは同社が債務超過に陥っていた2017年後半に、元本保証や高い利息の支払いをするとうそをつき、顧客にレンタル用の磁気ベストや磁気ネックレスなどの「オーナー」になるよう勧誘し、現金をだまし取った疑いがある。

同社は1975年に設立。03年ごろから、顧客が購入した磁気商品を有料で貸し出す「オーナー商法」を全国で展開した。ただ、商品が契約数よりも実際には大幅に少ないことが発覚。顧客の解約を妨害するなど不適切行為もあり、17年末までに、消費者庁から一部業務停止などの処分を計4回受けた。同社は17年末に倒産し、18年3月に東京地裁から破産開始決定を受けている。

警視庁などは19年4月、特定商取引法違反(事実の不告知)容疑で12都県の同社の関係先33カ所を家宅捜索。財務資料を分析するなどして、経営実態を調べていた。

同社をめぐっては、山口容疑者が安倍晋三首相(当時)主催の15年の「桜を見る会」に招かれたとする招待状を顧客勧誘のチラシに使ったことが19年11月に発覚。招待が「首相推薦枠」だった可能性も浮上した。安倍氏は同年12月の参議院本会議で「個人的な関係は一切ない」と答弁している。

オーナー商法とは
高配当や元本保証を約束し、顧客に商品や権利などを売ってオーナーにしたと同時に預かり、別の人に貸すなどして配当を生む商売。「販売預託商法」とも呼ばれる。実際には商品を運用していなかったり、商品自体がなかったりする被害が後を絶たないが、企業が経営破綻(はたん)するまで表面化しにくい。消費者庁は今年5月、オーナー商法を原則禁じる方針を決定。来年の通常国会に特定商品預託法の改正案を提出する。

朝日新聞デジタルより

https://www.asahi.com/articles/ASN9L2FC3N9JUTIL03N.html?iref=comtop_8_03

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
>世間のニュースをお伝えしていきます

世間のニュースをお伝えしていきます

世の中はニュースにあふれています。大都市でなくたって、あなたの街にも、あなたにも、ニュースはあります。そんな日本国内のニュースをタイムリーに発信。 ネットや新聞で見つけた面白い記事、今すぐ知らせたい新鮮な情報、その土地ならではの出来事、みんなを笑顔にする話題など、世間の幅広いニュースをお伝えします。! ブロガー様、アフィリエイター様の投稿、大歓迎。あなたと共にニュースの震源地になっていく、日本一のニュースサイトをめざします。皆様、よろしくお願いします!

CTR IMG