高校生求人倍率2.08倍 新型コロナ、10年ぶり低下

地域によって格差があるようだ。

厚生労働省は7日、2021年3月に卒業を予定する高校生の求人・求職状況(7月末時点)を公表した。求人倍率は前年同期と比べ0.44ポイント低い2.08倍で、11年3月卒を対象とした調査以来、10年ぶりの低下となった。新型コロナウイルスの感染拡大が影響したとみられる。共同通信が伝えている。

厚労省によると、求人倍率が最も高かったのは東京都で5.93倍。大阪府が3.55倍で、広島県が2.60倍、愛知、香川両県が2.56倍だった。

最も低かったのは沖縄県で0.83倍。青森県が1.13倍、長崎県が1.18倍、鹿児島県が1.27倍、奈良県が1.29倍だった。

共同通信より

https://this.kiji.is/675692443785610337

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
にほんブログ村

>世間のニュースをお伝えしていきます

世間のニュースをお伝えしていきます

世の中はニュースにあふれています。大都市でなくたって、あなたの街にも、あなたにも、ニュースはあります。そんな日本国内のニュースをタイムリーに発信。 ネットや新聞で見つけた面白い記事、今すぐ知らせたい新鮮な情報、その土地ならではの出来事、みんなを笑顔にする話題など、世間の幅広いニュースをお伝えします。! ブロガー様、アフィリエイター様の投稿、大歓迎。あなたと共にニュースの震源地になっていく、日本一のニュースサイトをめざします。皆様、よろしくお願いします!

CTR IMG