エイベックス業績悪化で4人に1人がクビ…

成長も速かったですが、全盛期を過ぎれば凋落も速い・・・コロナだけでなく、時代に即して進化しきれなかった企業体質にも問題があるようです。

下記は、日刊ゲンダイの記事です。

エイベックス業績悪化で4人に1人がクビ…全盛期を担った40代社員の“恨み節”

「時期が悪すぎた。何とかしてあげたいが自分たちも年を越せるのかといった危機的状況だ。残念だが見て見ぬふりをするだけです」レコード会社プロデューサーはこう言って肩を落とす。

大手レコード会社・エイベックスが揺れている。

同社は、グループ音楽事業の一部と間接部門に在籍する40歳以上の正社員443人を対象に、希望退職者100人を募っている。さらに、リストラだけでなく東京・南青山にある本社ビルも売却する方向で事態は進んでいる。

「カナダの不動産ファンドのベントール・グリーンオークが優先交渉権を得たといわれている。売却対象の本社ビルは、2017年12月に開業した地上18階建て。わずか3年で手放すことになりそうだ」(事情通)

メインバンクの指導の下でリストラ策を進めているエイベックス。新型コロナウイルスの影響でコンサート収益は激減。2020年4~9月期決算で32億円の純損失を計上したことが報じられている。

「確かにエイベックス・レーベルにはLDHのEXILEやジャニーズ事務所のSnow Manらが所属しているが、売り上げの大半を持っていかれてしまうため焼け石に水状態。他アーティストのCDの売り上げも少ない。かつては小室ファミリーや安室奈美恵、浜崎あゆみ、倖田來未ら人気アーティストを抱えブイブイ言わせてきたが、次世代の育成に失敗し、ネット全盛のなかエイベックスの商売が時代に合わなくなっていたことに気が付かなかった」(前出のプロデューサー)

こうしたエイベックスのツケを背負わされたのが今回、リストラ対象になっている40代の社員だ。皮肉にもエイベックスの最盛期を担ってきたと断言しても過言ではない世代だが、実に4人に1人がクビを切られるのだ。

「このコロナ禍でどこも引き取り手がないんです。レコード会社もエイベックスと似たような状況です。かといって同じマスコミで考えた場合、出版社は漫画を持っているところ以外は青息吐息。エイベックスと同じ運命をたどると言っても過言ではない。常に人手不足だった芸能プロやテレビ制作会社ももはや死に体です。結果、40代にして全くの異業種に転職せざるを得ない人ばかりなんですよ」(関係者)

さらに明日は我が身と身を縮み上がらせているのが専属アーティストの面々。

「いずれ契約を解除される。ヒット曲がないのだから仕方がない。モデルや女優もいるが契約更改されるのはごく一部に限られる。専属のアーティストはこれまで相当、甘い汁を吸ってきたから大変です」(40代エイベックス社員)

栄枯盛衰。変化に対応できない者が滅びるのは世の摂理だろう。

日刊ゲンダイDIGITAL

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/2816474

※サムネイルの画像は©日刊ゲンダイ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
>世間のニュースをお伝えしていきます

世間のニュースをお伝えしていきます

世の中はニュースにあふれています。大都市でなくたって、あなたの街にも、あなたにも、ニュースはあります。そんな日本国内のニュースをタイムリーに発信。 ネットや新聞で見つけた面白い記事、今すぐ知らせたい新鮮な情報、その土地ならではの出来事、みんなを笑顔にする話題など、世間の幅広いニュースをお伝えします。! ブロガー様、アフィリエイター様の投稿、大歓迎。あなたと共にニュースの震源地になっていく、日本一のニュースサイトをめざします。皆様、よろしくお願いします!

CTR IMG