『半沢直樹』続編、7月19日より放送開始!初回放送は25分拡大スペシャル

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、放送が延期となっていた人気ドラマ『半沢直樹』の放送開始が、7月19日(日)に決定したとTBSテレビが発表した。

毎週日曜夜9時からの放送で、初回は25分拡大スペシャルとなる。

本作は、池井戸潤氏の「半沢直樹」シリーズから、「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」(ダイヤモンド社/講談社文庫)が原作となっている。

TBSが公開している動画で主演の堺雅人さんは、「これまでのメンバーに新たな顔ぶれも加わりました。さらに力強い半沢直樹の世界をお届けできるよう、キャスト・スタッフ一丸となって撮影に取り組んでおります。ご期待下さい」とコメント。

https://youtu.be/vARZGZX3qM4
YouTube:[新ドラマ]日曜劇場『半沢直樹』新たな戦場へ! 最新90秒SPスポット公開!!【TBS】

東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に…

TBSが公開している作品概要は以下の通り。

「半沢直樹、東京セントラル証券への出向を命ずーー」

東京中央銀行のバンカー・半沢直樹が、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、まさかの子会社への出向を命じられるという衝撃の展開で最終回を終えた前作。今作では、東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描く。

あるとき、東京セントラル証券に大型案件が舞い込む。それは、ある大手IT企業による敵対的買収で、株式取得に掛かる費用はなんと1500億円以上。東京セントラル証券にとって、かつてない規模の案件だった。

そして、これが新たな銀行との戦いの始まりになるとは、この時の半沢は知る由もなかったーー。

果たして半沢は、出向先でも次々に発生するトラブルを乗り越え、理不尽な要求を突き付ける相手に「倍返し」出来るのか!? 型破りのバンカー、半沢直樹の新たな伝説が、令和の歴史に刻まれる!!

前作の最終回放送は視聴率「42.2%」という驚異の数字

2013年に放送された前作「半沢直樹」は、最終回視聴率「42.2%」という驚異の数字を記録した。

放送当時は、半沢直樹の名言「やられたらやり返す!倍返しだ!」というフレーズが大流行し、子どもまでもが口にするほどの影響力だった。

それほどの人気を誇ったシリーズの続編となるために、本作は初回放送から多くの人が視聴すると予想される。

視聴率についても楽しみでしょうがない。

放送構成 予想

前作は、原作「半沢直樹」シリーズの「オレたちバブル入行組」を原作とした1部・大阪西支店編と、「オレたち花のバブル組」を原作とした2部・東京本店編の2部構成で放送されたことから、本作の1部は原作「ロスジェネの逆襲」、2部に原作「銀翼のイカロス」の構成で放送されることが予想される。

放送前に原作を読んでおきたい方は、こちらもチェックしてほしい。

▽ 「半沢直樹」原作小説

>世間のニュースをお伝えしていきます

世間のニュースをお伝えしていきます

世の中はニュースにあふれています。大都市でなくたって、あなたの街にも、あなたにも、ニュースはあります。そんな日本国内のニュースをタイムリーに発信。 ネットや新聞で見つけた面白い記事、今すぐ知らせたい新鮮な情報、その土地ならではの出来事、みんなを笑顔にする話題など、世間の幅広いニュースをお伝えします。! ブロガー様、アフィリエイター様の投稿、大歓迎。あなたと共にニュースの震源地になっていく、日本一のニュースサイトをめざします。皆様、よろしくお願いします!

CTR IMG