インスタ映え「幻の滝」に飛び込み水死 低い水温が原因か

なぜ、飛び込んだ? この事例に限らず、子供の頃から川遊びの経験がないものが、水の怖さを知らず、大人になって無謀な行動に出る危険性を指摘する声もあります。

栃木県矢板市の「おしらじの滝」で8月、滝つぼに飛び込んだ男性2人が死亡した水難事故がありました。当時10度ほどだった低い水温が事故につながった可能性があることが、河川に詳しいNPO法人の現地調査でわかりました。

「おしらじの滝」は雨の後に現れる「幻の滝」として数年前から話題になっています。水面が鮮やかな青に染まるため「インスタ映え」を求める人も増えていました。

事故は8月18日に発生。県警によると、群馬県から4人で遊びに来ていた23歳と18歳の男性2人が水深約2メートルの滝つぼに飛び込み、そのまま浮かんできませんでした。滝つぼに沈んでいるところを救助されて病院に運ばれましたが、2人とも「水死」で死亡しました。

川遊びの指導者育成や安全教室を実施するNPO法人「川に学ぶ体験活動協議会」(東京都)が9月3日に現地調査に入り、滝つぼ周辺の水温を計測したり、事故の状況を再現したりしました。

「人が流されたり、吸い込まれたりするような場所ではない。なぜここで人が溺れたのか」

調査を担当した橘昌憲さん(39)は疑問に思いました。滝の水量は少なく、流れもほとんどありませんでした。

協議会によると、滝つぼに注ぐわき水の水温は最低9・8度でした。滝に注ぎ込む流水よりも低い水温でした。事故当日、滝は流れていなかったため、滝つぼの水温は10度前後だったとみられています。事故当日、隣町の塩谷町の最高気温は33度で、各地で真夏日を記録していました。

「温かい水は水面近く、冷たい水は下にたまる。滝つぼに飛び込み、底の冷水に突然全身がつかったことが事故につながったのではないか」と橘さん。滞留している水はかき回されないため、下部に低い水温の水がたまりやすいといいます。

「水の冷たさのショックで呼吸が荒くなり、思わず水を吸い込んでしまうこともある。筋肉が硬直して動きにくくなり、すぐに上がることができなかった可能性もある」

滝つぼの底には藻が付着し滑りやすくなっています。つかまる岩場も少なく、脱出を難しくしたとみられています。

橘さんは「2人で同時に飛び込むと、溺れた方がもう一人にしがみついて2人とも逃げられなくなる恐れがある。安全に見える場所にこそリスクが潜んでいる。どんな場所にも危険があると認識して、水遊びをしてほしい」と呼びかけていました。

 
朝日新聞デジタルより

https://www.asahi.com/articles/ASN997260N98UUHB00X.html?iref=comtop_rnavi_arank_nr01

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

>世間のニュースをお伝えしていきます

世間のニュースをお伝えしていきます

世の中はニュースにあふれています。大都市でなくたって、あなたの街にも、あなたにも、ニュースはあります。そんな日本国内のニュースをタイムリーに発信。 ネットや新聞で見つけた面白い記事、今すぐ知らせたい新鮮な情報、その土地ならではの出来事、みんなを笑顔にする話題など、世間の幅広いニュースをお伝えします。! ブロガー様、アフィリエイター様の投稿、大歓迎。あなたと共にニュースの震源地になっていく、日本一のニュースサイトをめざします。皆様、よろしくお願いします!

CTR IMG