和紙産地の福井県越前市 お年玉「ポチ袋」の生産まっ盛り 

福井県越前市の製紙場では、お年玉袋に利用される色とりどりの「ポチ袋」が手作業で作られています。只今、最盛期を迎えていると、福井新聞が伝えています。

お年玉「ポチ袋」の生産ピーク 和紙産地の福井県

色鮮やかな越前和紙を使ったポチ袋の生産が、福井県越前市の製紙所で最盛期に入った。

川の上流に現れた女神「川上御前」が村人に紙漉きを教えたという伝説を起源に、1500年の歴史を誇る越前和紙。お年玉と一緒に地域の伝統も伝えられる一品になっている。  

丸茂製紙(越前市五分市町)が2018年春から販売している自社商品「紙さまのわすれもん」のラインアップの一つ。機械漉きで約300種類の和紙を小ロットから生産できる強みを生かし、色や柄が異なる袋3~7枚を1組にして販売している。

普段は和菓子などの包装紙に重宝されるという表面に微妙な凹凸を施した和紙も使っており、いずれも高級感が漂う。  

10月に入ってから注文が増え始め、女性社員が手作業で折り、のり付けして仕上げている。パッケージには商品名の由来として女神伝説の説明を添えている。同社では「ぜひ越前和紙を身近なものとして使ってもらいたい」と話している。

価格は550~600円(税別)。同市のパピルス館のほか、県内の土産物店で販売している。

福井新聞オンライン

https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1201599

※サムネイルは©福井新聞

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
>世間のニュースをお伝えしていきます

世間のニュースをお伝えしていきます

世の中はニュースにあふれています。大都市でなくたって、あなたの街にも、あなたにも、ニュースはあります。そんな日本国内のニュースをタイムリーに発信。 ネットや新聞で見つけた面白い記事、今すぐ知らせたい新鮮な情報、その土地ならではの出来事、みんなを笑顔にする話題など、世間の幅広いニュースをお伝えします。! ブロガー様、アフィリエイター様の投稿、大歓迎。あなたと共にニュースの震源地になっていく、日本一のニュースサイトをめざします。皆様、よろしくお願いします!

CTR IMG