巨人では71年ぶりの珍事 野手の増田大輝がマウンドへ

「相手チームに失礼」「試合放棄だ」と巨人OBが激怒し、監督批判したプロ野球の試合が8月6日にあった。

普段内外野を守り、代走でも大活躍している巨人野手の増田大輝が、阪神7回戦(甲子園)で0―11の7回1死からプロ初登板。打者3人に1四球を与えただけで無失点に抑えた。

 野手の公式戦登板は2000年6月3日近鉄戦でオリックスの五十嵐章人(内野)が8回にマウンドに立って以来20年ぶり。

巨人では、1949年の4月8日、中日戦で外野手の野草義輝が7回から2イニングを投げて以来71年ぶり。この時の監督は知将、三原修。セ・パに分かれた1950年の2リーグ制後は増田大が初めての「野手の公式戦登板」選手となった。

 ちなみに野草以前では38年水原茂、39~41年川上哲治、46年千葉茂(いずれも内野)らが公式戦に登板している。

スポニチSponichi Annexより

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/08/06/kiji/20200806s00001173546000c.html

>世間のニュースをお伝えしていきます

世間のニュースをお伝えしていきます

世の中はニュースにあふれています。大都市でなくたって、あなたの街にも、あなたにも、ニュースはあります。そんな日本国内のニュースをタイムリーに発信。 ネットや新聞で見つけた面白い記事、今すぐ知らせたい新鮮な情報、その土地ならではの出来事、みんなを笑顔にする話題など、世間の幅広いニュースをお伝えします。! ブロガー様、アフィリエイター様の投稿、大歓迎。あなたと共にニュースの震源地になっていく、日本一のニュースサイトをめざします。皆様、よろしくお願いします!

CTR IMG